フィギュアスケートの世界国別対抗戦が開幕 男子ショートプログラムで宇野昌磨が103・53点で1位

3行まとめ

  • フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、東京・国立代々木競技場で開幕
  • 世界選手権銀メダルの宇野昌磨が、唯一100点台となる103・53点でトップに立った
  • 同金メダリストの羽生結弦はジャンプでミスが続き83・51点で7位となった

提供社の都合により削除されました。
概要のみ掲載しております。

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

世界国別対抗戦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ