西武の菊池雄星投手が本拠地での日本ハム戦で1安打2四球12奪三振の快投 今季初となる完封劇

3行まとめ

  • 西武の菊池投手が日本ハム戦で1安打2四球12奪三振の快投 今季初となる完封劇
  • 初回先頭の西川にライト前ヒットを許して以降、1本の安打も許さなかった
  • 自身4年ぶりとなる完封勝利の味を聞かれ「めっちゃ気持ちいいです」

西武・菊池が日本ハムに“準ノーヒットノーラン” 1安打12Kの快投で完封勝利

4月21日(金)21時17分 フルカウント

秋山が2本塁打を含む3安打、中村は5号2ラン含む2安打3打点西武の菊池雄星投手が21日、本拠地での日本ハム戦で1安打2四球12奪三振の快投で、今季初となる完封劇を演じた。菊池は初回に先頭の西川にライト前ヒットを許し、三塁まで進まれたが無失点に抑えると、ここから圧巻のピッチングを披露した。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。
PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ