令和の怪物なぜ投げず?監督思い

【高校野球】“令和の怪物”大船渡・佐々木はなぜ投げずに敗退したのか 国保監督が思い語る

5月18日(土)14時14分 フルカウント

指揮官が作りたい、もう一人の柱「和田が一生懸命、投げていた」春季岩手県大会1回戦が18日、岩手県内各地で行われ、今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希投手擁する大船渡がセンバツ出場経験のある釜石に4-5でサヨナラ負けを喫した。佐々木は先発せず「4番・右翼」で出場した。先発したのは同じ3年生の背番号10の…

記事全文を読む

「高校野球」をもっと詳しく

「高校野球」のこれまでの出来事

「高校野球」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 球数制限を確実に守った監督は偉い。批判する記者は問題外!

  • 監督の決断に間違いはない。これからの先の方が大事だからな。

  • いちいちうるさいマスコミから逃げろ。すぐメジャーへ行って頑張ったほうがいい。その方が伸びしろがある。

  • 負けた方が肩壊さなくていいんだよ 甲子園はガン

  • 投げ込む事の出来ない事情があるとすると、何らか故障持ちかもね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ