日大選手 反則は前監督らの指示

「1プレー目から潰せ」 日大・宮川選手が会見、反則タックルは内田前監督と井上コーチの指示と告発

5月22日(火)15時24分 BIGLOBEニュース編集部

アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の試合で反則タックルを行った日大の宮川泰介選手が22日に記者会見を開き、内田前監督と井上コーチの指示で反則に及んだことを明らかにした。宮川選手は会見で、負傷した関学大の選手や両親、関学大アメフト部に対し「大きな被害と多大なるご迷惑をおかけしたことに対して…

記事全文を読む

「日本大学」をもっと詳しく

「日本大学」のこれまでの出来事

「日本大学」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • まず決断と反省を持って、実名と顔出しで多数の報道陣の前に立った勇気を褒めたい。それにしても嘘と卑怯の内田前監督、常任理事にははらわたが煮えくり返る。それを黙認、弁護している日大機構にも呆れるばかり。

  • 嘘はいつかきっとばれます。 半身不随にも繋がるような危険な行為を指示した監督・コーチに永久退場と厳罰を!

  • 日大総長の顔が見えない・・・

  • レスリングの時も思ったが大学って所は独立自治とか言って独裁の温床になってないか?大学の運営者に人格者はいないって印象になりつつあるんだが。

  • 刑事事件にした方がいいと思う。スポコンは終了。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ