日大 50年前に「大改革」の過去

アメフト問題の日大、50年前には「大改革」の過去があった

5月25日(金)21時59分 J-CASTニュース

アメリカンフットボール部の危険タックルに端を発する問題は、日本大学全体を揺るがす事態に発展した。学生や教職員が立ち上がろうという動きは、半世紀前をフラッシュバックさせる声が数多い。奇しくもちょうど50年前の1968年5月、改革ののろしはあがったのだった。現役選手たちが声明を出す意向ついに学生側が動く…

記事全文を読む

「アメリカンフットボール」をもっと詳しく

「アメリカンフットボール」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 大学とは名ばかりで営利目的の会社と大卒の肩書が欲しい学生と両者の目論見が一致した駆け込み寺でしょ。近頃の大学全体にいえる現象だと思いますよ。

  • 今じゃ、日本大学株式会社 お金持ちのボンボンを大量に預かり 日本一、社長を輩出している学校とうそぶく いずれにせよ、大学名から「日本」という文言はなくして欲しい

  • 理事長以下、理事や学長、広報担当など総替えしないと改革にはならない。

  • 気持ちは分かるが,かつての学生運動のような愚行は繰り返してはならない.確かに理想に燃えて立ち上がった人たちもいるだろうが,多くは暴れたいだけのロクデナシどもだった.

  • 50年前より悪質化している 思い切った大改革が必要

全件表示する

BIGLOBE
トップへ