日大学長と監督 誰に謝罪した?

日大の学長と監督は、だれに謝罪したのか

5月27日(日)11時15分 プレジデント社

日大アメフト部の危険タックル問題で、日大の大塚吉兵衛学長が一連の対応について謝罪した。この問題では内田正人前監督も記者会見で謝罪している。しかし内田前監督は危険タックルについて「私からの指示ではない」と述べ、選手の証言とは食い違ったままだ。彼らの謝罪は、いったいどこに向けられたものだったのだろうか—…

記事全文を読む

「アメフト」をもっと詳しく

「アメフト」のこれまでの出来事

「アメフト」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 世間がうるさいから取り敢えず会見しただけ きちんと調査もせず 謝罪の意図など元々ない

  • パフォーマンスでしかない!

  • 日大 理事長 なぜ!!出てハッキリ と 話さない!!!   あんたがNO1だろうが  文春 で『 アメフトの事 は 分らん!』  そんな  問題じゃないだろう!!

  • 安倍内閣も日大も、トップが責任を取らない、的を得ない答弁、質問をそらす態度、逃げ口上、全く同様の体質だ、なんでこんな日本にしてしまったのだ、恥ずかしいぞ!

  • 日大本学と地方に散らばる傘下の学校の学生、生徒とその父兄に向かっての言い訳だろが!!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ