21球降板 ラミレス采配に疑問

浜口の21球降板で「懲罰だとしたら訳がわからない」 ラミレス采配にファン疑問

6月3日(月)11時43分 J-CASTニュース

DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)采配が波紋を広げている。DeNAは2019年6月2日、横浜スタジアムでヤクルト対戦して2−5で敗れた。先発の浜口遥大投手(24)が初回、打者7人に対して3安打を許し3失点。失策が絡んでの3失点で、自責点は「0」だったが、ラミレス監督は続投を許さず、2回から2…

記事全文を読む

「アレックス・ラミレス」をもっと詳しく

「アレックス・ラミレス」のこれまでの出来事

「アレックス・ラミレス」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 初回にいきなり3安打じゃ代えられても仕方ないと思うけどね。失策がらみの失点なんて言い訳にすぎない

  • 星野ニダ男の161球よりは100倍マシ ・・ 藤波晋太郎

  • そもそも好投している先発から6〜7回になると半ば儀式的に不安定極まりない中継ぎに交代させるの好きだし。

  • 投手の事はド素人だからです

  • 16連敗中の相手に3失点したから不満だったのかもね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ