明大 38年ぶり大学野球日本一

【大学野球】明大ドラ1候補・森下が9回10K1失点完投 38年ぶり6度目の優勝

6月17日(月)15時36分 フルカウント

序盤からリードして終盤の追い上げを振り切る第68回全日本大学野球選手権の決勝戦が17日、神宮球場で行われ、明大(東京六大学)は佛教大(京滋大学リーグ)を6-1で下し、38年ぶり6度目の優勝を飾った。今秋ドラフト1位候補のエース、右腕・森下暢仁投手は完封勝利で飾った。森下が省エネ投球で試合を作った。3…

記事全文を読む

「大学野球」をもっと詳しく

「大学野球」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 森下君で勝てたわけでは無い、全員での頑張りの結果だ。 森下君はまたくじ引きの結果パリーグ行きだろうね。

  • ラグビーも頑張れよ!

  • 出場校中で最も偏差値の高い大学が優勝したんだね

  • 今年は正月にラグビーが復活の優勝、野球も38年振りの復活と、平成最後と令和最初の年に明治イヤーか?

  • 1981年は平田(現阪神二軍監督)が4年生時で、広沢(元ヤクルト・巨人・阪神)が入部した年。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ