井岡一翔 4階級制覇の原動力

井岡一翔の「誠実さ」と「覚悟」 日本人初4階級制覇の原動力

6月20日(木)18時37分 J-CASTニュース

ボクシングの井岡一翔(30)=Reason大貴=が日本人初の世界4階級制覇を達成した。WBO世界スーパーフライ級王座決定戦が2019年6月19日、千葉・幕張メッセで行われ、同級2位の井岡が同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKOで勝利した。井岡はミニマム級、ライトフラ…

記事全文を読む

「井岡一翔」をもっと詳しく

「井岡一翔」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 強さは認めるけど、何で腕に落書きしたんですか、原動力にならんでしょそんなもの。

  • TBS一押しのあの兄弟以来、どうもこの競技の勝敗ってイカサマにしか思えないんだよね〜

  • ロマゴン戦も井上戦も避けての4階級制覇だからね。今の多団体の状況ならさして価値はないですよ。負試合でもそれぞれに挑戦した八重樫や河野の試合の方がよほど価値があると思うのだが。

  • 亀田の3男とやってほしい。

  • まぁ良いんじゃない?6回までのラウンド最悪だったからイカサマを疑うよね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ