首位独走 原監督の勝負手連発

首位独走を加速させた巨人・原監督の勝負手連発

7月11日(木)11時18分 スポーツニッポン

首位の巨人が2位に9・5ゲームの大差をつけ、前半戦を終えた。交流戦後は10勝1敗。独走を加速させたのは、原辰徳監督が繰り出した勝負手の連発が大きい。勝負手とは試合終盤の盗塁。成功するのは、失敗を恐れていないからだ。象徴した2試合を振り返る。(1)7月3日・中日戦(東京ドーム)6—6の9回に先頭・若林…

記事全文を読む

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のこれまでの出来事

「巨人」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 金で買った勝利とか4番打者集めただけとか、お決まりの批判する前に試合見ろ。今年の巨人は年俸安い若手が投打で活躍してるし、盗塁や走塁で勝った試合がいくつもある。補強や外国人より若手が頑張ってんだ試合見ろ

  • 采配が疑問だらけでも、選手たちの頑張りのおかげで「名采配」と言われてしまう理不尽さ。

  • いくら強くても見てて面白くないんじゃなぁ 王や長嶋が打席に立った時のワクワク感 あの頃はよかったなぁ

  • さすが、札束バブル野球は絶好調だな

  • 暴力団とのいざこざどうした?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ