一部横浜サポ「黙祷」せず応援歌

一部サポーター、豪雨へ「黙祷」せず 天皇杯、横浜FC側がチャント続行 「本当に品がない」

7月12日(木)20時48分 J-CASTニュース

サッカーJ2・横浜FCのサポーターが、西日本豪雨の被災者への黙祷中にチャントと呼ばれる応援歌を歌い続ける事態が起きた。2018年7月11日に行われた対横浜F・マリノス戦の試合前でのことだ。この日、観客としてスタジアムを訪れていた元サッカー選手の丸山龍也さん(26)はJ-CASTニュースの取材に、1分…

記事全文を読む

「横浜FC」をもっと詳しく

「横浜FC」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 「俺達に一切関係ない。早く試合しろ!!」って人達でしょ。自分達が被災して身内・友達が水害で数人亡くなった時にわかるはず。その頃に「あの時は・・・」と気づいても遅いです。

  • 気が利かないコールリーダーなんだなってことはわかった

  • 日本のチームですか?

  • 今回の豪雨災害は他人事ではない、いつか自分達の地域でも起こるかもしれないって事だけは覚えておいた方がいい

  • チームの責任にして、0対0から試合を始めるのではなく、0対−1から始めればいい。試合に直結しないとサポーターの暴走は止まらない。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ