佐々木を温存 大船渡監督の決意

【高校野球】なぜ大船渡の国保監督は佐々木朗希“温存”を貫いたか? 春に語っていた決意

7月23日(火)16時32分 フルカウント

岩手大会23日は休養日大船渡は一関工と24日に準決勝を戦う第101回全国高校野球選手権岩手大会で、高校最速163キロ右腕の佐々木朗希投手のいる大船渡、一関工、花巻東、黒沢尻工が4強入りした。この日は休養日。頂点まであと2つの戦いになった。大船渡は21日の準々決勝で、前日の4回戦で194球を投げた佐々…

記事全文を読む

「佐々木朗希」をもっと詳しく

「佐々木朗希」のこれまでの出来事

「佐々木朗希」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 甲子園だけが全てでは無い、と春先から言うてたで。まあ、準決勝がもう1試合に比べて少々相手に恵まれた感があるからさほど疲れを残さず決勝に望める可能性も高く甲子園出場が現実味を帯びてきたけど。

  • 最近はこれが当然、というのが常識でいいんだよね?昔の名将と言われた高校野球監督は今だったら炎上してるね。江川もマジ100球でやる交代要求して非難されてたもんな。

  • これだけ話題になっていれば 地味な都市対抗野球でシャカリキになっている企業チームは羨ましいだろう!

  • 人目のある試合であまり酷な使い方をすると生徒が来なくなる

  • これでパッシングは無くなった。明日から連投させるぞ〜  まぁ、岩手県の忖度で代表は決まっているようだね。      佐々木君が出ると経済効果凄いらしいから・・・

全件表示する

BIGLOBE
トップへ