SB甲斐の「キャノン砲」が炸裂

ホークス甲斐の「キャノン砲」炸裂 盗塁死の西野は二塁ベース上で呆然

8月16日(水)19時41分 フルカウント

素早いステップから矢のような送球ソフトバンクの甲斐拓也捕手が「キャノン砲」を炸裂させた。16日のオリックス戦(ヤフオクD)。4回に、自慢の強肩を発動させた。4回だった。先頭の西野が中前安打で出塁。吉田正を中飛、小谷野を右飛に打ち取り、2死として迎えた5番・中島の打席だった。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

ソフトバンクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ