八戸学院光星 激闘制し8強入り

【高校野球】八戸学院光星、激戦制して5年ぶり8強 9回1死満塁から下山が劇的サヨナラ打

8月16日(金)19時44分 フルカウント

6回に同点に追いつかれたが、3番手・山田の好投で勝ち越しの流れを作った第101回全国高校野球選手権大会第10日が16日、甲子園球場で行われ、第4試合は八戸学院光星(青森)が海星(長崎)を7-6でサヨナラで破って準々決勝進出を決めた。八戸学院光星は2点を追う3回、先頭・太山皓仁のソロで1点を返すと、2…

記事全文を読む

八戸学院光星 激闘制し5年ぶり8強入り! 最後は下山がサヨナラ打

8月16日(金)19時48分 スポーツニッポン

◇第101回全国高校野球選手権大会3回戦八戸学院光星7—6海星(2019年8月16日甲子園)第4試合は2年連続10回目の夏の甲子園出場出場となった八戸学院光星(青森)は7—6海星(長崎)でサヨナラ勝利。2014年以来、5年ぶりの8強入りを果たし、準々決勝進出を決めた。八戸学院光星は6—6と同点の9回…

記事全文を読む

八戸学院光星14年夏以来8強 下山がサヨナラ打

8月16日(金)19時42分 日刊スポーツ

<全国高校野球選手権:八戸学院光星7−6海星>◇16日◇3回戦八戸学院光星(青森)は14年夏以来の準々決勝進出を果たした。海星は初回、八戸学院光星の先発横山海夏凪投手(3年)を攻め、1死二塁で4番高谷艦太外野手(3年)の三塁強襲安打がタイムリーとなり先制。その後も連打でこの回3点を奪った。これに対し…

記事全文を読む

「八戸学院光星高等学校」をもっと詳しく

「八戸学院光星高等学校」のこれまでの出来事

「八戸学院光星高等学校」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 逆転してからは八学光星ペースになるかと思いきや、6回に追いつき8回にも好守備を見せた海星も見事。最後は今大会の満塁男に回ってきた所に八学光星に球運があったかな。

  • 東北人としてはうれしいが、出身中学の内訳は関西。これで優勝しても・・・

  • 東北魂見せてくれ 優勝旗を八戸へ

  • 青森、宮城、強いね。岩手は・・・もういいか。

  • 熊本工・海星と言い一点差で負けた九州勢。惜しかったね。来年は一点差で勝てる様に期待する

全件表示する

BIGLOBE
トップへ