仙台育英が敗戦覚悟から一転サヨナラ 劇打の馬目「正直言うと、本当にもう終わったと」

3行まとめ

  • 大阪桐蔭の2度目の春夏連覇を阻止したのは、仙台育英・馬目のひと振りだった
  • 馬目は「自分で決めてやろうと思った。打った瞬間は頭が真っ白だった」と語った
  • 普段は冷静な佐々木監督も「夢みたい。うれしいを通り越している」と興奮気味

提供社の都合により削除されました。
概要のみ掲載しております。

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

甲子園をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ