テニス 番狂わせが少ない訳

テニスの世界大会 バレーや卓球に比べて番狂わせが少ない訳

8月25日(日)7時0分 NEWSポストセブン

8月27日(日本時間)よりテニス4大大会の最後を飾る全米オープン(本戦)が開催されるが、過去の世界大会の試合結果を見ると、大会の上位メンバーがいつも同じ顔ぶれに感じないだろうか?男子シングルスの錦織圭選手をはじめ、日本の選手が健闘して上位の選手を破ることもあるが、多くの場合、ランキング(実力)どおり…

記事全文を読む

「テニス」をもっと詳しく

「テニス」のこれまでの出来事

「テニス」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 勝っても無いのにランク上位とか維持とかおかしくね? というか日本語しゃべれずどっちの国の選手になってもいいようにか二重国籍の選手を「日本選手」扱いっていうのも二股かけられているようで非常に不愉快。

  • その割に、ランク一位がよく負けているけど。勝ってくれよ。

  • まぁスポーツ関係は実力次第だよね?だから実力者が順当に上位になる訳でしょ。

  • 番狂わせは本来は無い。どの様な強者でも負ける時はある。そうでなければランキングは不要だ。

  • 強い者が勝つのが勝負の世界、ランクも過去の成績もセ前日までのデーターでしかない、買ったものが強者なのさ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ