大坂のラケット 市販品じゃない

大坂なおみのラケットは市販品じゃない ヨネックス「誤った情報発信」で謝罪

9月14日(金)19時30分 J-CASTニュース

テニスの全米オープンで初優勝した大坂なおみ選手(20)に、ラケットを提供するヨネックス(東京都文京区)は2018年9月14日、「誤った情報発信」があったとして公式サイトで謝罪した。大坂なおみ選手のラケットをめぐっては、報道で「市販品」と紹介されていたが、実際は「一部加工品」だった。重さや形状が異なる…

記事全文を読む

「大坂なおみ」をもっと詳しく

「大坂なおみ」のこれまでの出来事

「大坂なおみ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • グリップは違うと言ってたので、買う方も全く同じとは思わないでしょう!

  • プロのショットを市販品が持ちこたえるわけないでしょ?

  • 常識で考えて契約しているプロテニスプレーヤーの使うラケットが市販品である筈が無いだろ。プロゴルファーは珠に市販のパターとか使う事はあるけどw

  • なおみタンのサーブの最高時速は201キロやでえ。高校野球の剛速球は140〜150キロ、昔は130キロ、大谷君は160キロ。錦織君は201キロで男子では遅いほうだって。ラケット特別性に決まってる。

  • 特注品なのであります同じ物を求めても使いこなせない宝の持ち腐れなのよ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ