侍U18 惨敗原因は監督の迷采配

奥川、佐々木がもったいない……U-18野球W杯、惨敗の原因は監督の“迷采配”

9月15日(日)5時30分 文春オンライン

優勝を期してU-18野球W杯に臨んだ日本代表は、5位という惨敗に終わった。奥川恭伸(星稜)が18三振を奪ったカナダ戦の7回裏。2対1とリードした攻撃中、飯塚脩人(習志野)がブルペンで投球練習していた佐々木朗希(大船渡)に歩み寄り、こう告げた。「この回、点数が入ったらオレだって」韓国戦の初回、佐々木に…

記事全文を読む

「ベースボールワールドカップ」をもっと詳しく

「ベースボールワールドカップ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ショートの選手を5人も集めて、外野を守らしてりゃ接戦ではポカがでるだろ、最初の人選から監督のミス

  • 韓国に奥川使わず、弱すぎるカナダに投げさせ三振ショー、 佐々木の状態も把握せず、観光に行っただけの最低監督。

  • 今年の夏の甲子園優勝校から1人も選ばれないのはおかしい。

  • 覆水盆に返らず。今になって何をごちゃごちゃ・・・・・

  • 原監督と同じだよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ