稀勢の里 連敗免れ6勝目

稀勢の里と御嶽海は1敗キープ 鶴竜、白鵬7連勝…秋場所7日目

9月15日(土)18時16分 スポーツ報知

◆大相撲秋場所7日目(15日・両国国技館)6日目に今場所初黒星を喫した東横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が、東前頭4枚目・千代の国(28)=九重=を寄り切り、6勝1敗とした。千代の国の攻めを耐えきると、最後は寄り切った。東横綱・鶴竜(33)=井筒=と、西横綱・白鵬(33)=宮城野=はそろって7連勝…

記事全文を読む

稀勢の里、連敗免れ6勝目=白鵬、鶴竜らが7連勝—大相撲秋場所7日目

9月15日(土)18時28分 時事通信

大相撲秋場所7日目(15日、東京・両国国技館)横綱、大関は安泰。稀勢の里は攻めあぐんだが千代の国を寄り切り、連敗を免れて6勝目を挙げた。白鵬は遠藤、鶴竜は正代を退け、ともに7連勝。高安も玉鷲を下して7勝目。豪栄道は1敗を守り、大関かど番の栃ノ心は5勝目。大関とりの御嶽海は土俵際の逆転で貴景勝を下した…

記事全文を読む

稀勢の里、御嶽海が1敗守る 白鵬、鶴竜、高安は7連勝

9月15日(土)18時18分 スポーツニッポン

大相撲秋場所7日目は15日、東京・両国国技館で行われ、進退を懸ける横綱・稀勢の里は、粘りの相撲で千代の国を寄り切りで破り6勝目を挙げた。白鵬は遠藤の腰くだけで白星。鶴竜は正代を押し出しで降した。大関獲りを狙う御嶽海はこれまで対戦成績五分の貴景勝を土俵際逆転の突き落としで降し通算4勝3敗とした。8日目…

記事全文を読む

稀勢の里と御嶽海1敗守る…白鵬、鶴竜は7連勝

9月15日(土)18時10分 読売新聞

大相撲秋場所7日目(15日・両国国技館)——稀勢の里は防戦一方ながら千代の国を寄り切って連敗を免れた。鶴竜は正代を危なげなく押し出し、白鵬は遠藤の腰砕けで、ともに初日から7連勝。高安も玉鷲をはたき込んで負けなしのまま。豪栄道は千代大龍を押し出し、栃ノ心は逸ノ城を寄り切った。御嶽海は土俵際で貴景勝を突…

記事全文を読む

「稀勢の里」をもっと詳しく

「稀勢の里」のこれまでの出来事

「稀勢の里」のニュース

みんなのコメント

  • これから上位との対戦が続くから連敗したらジ・エンドだね。6勝6敗になる可能性もある。

  • 今日の取り組みは時の運で勝ったようなもの。腰が高いのは癖でもう治らないのかなぁ

  • 勝とうが負けようが毎日、毎日ニュースにしてくれなくてもいいんですけど。

  • 際どい相撲だったね。相手力士が先に足を出していなければ負けていたかも

  • 勝った時のあの拍手、ちょっと異常に感じてしまいます。     モンゴル勢もあっけにとられといるでしょう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ