ラグビー代表が挑む不公平な伝統

W杯開幕目前 ラグビー日本代表が挑む「不公平な伝統」とは

9月17日(火)16時0分 NEWSポストセブン

いよいよラグビーW杯日本大会の開幕が目前に迫った。出場20か国はまず9月20日からグループリーグ4試合を行い、上位2チームが進出するベスト8をかけて戦う。日本代表の最後の腕試しとして行われたのが、6日に行われた南アフリカとの一戦だ。結果は7対41の完敗。とはいえ、守備の面では日本よりも大きくて力強い…

記事全文を読む

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のこれまでの出来事

「ラグビー」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 不公平という前にティア1に対して黒星を何時でもつけらられるレベルが必要。強ければ向こうから要請がある。文句を言う前に強くなれ。

  • 何が不公平なのかが分からない。テストマッチができないのはお互い様だよね。こちらもティア1の情報を直接得られないが、相手も得られないんだよ。不公平じゃないよ。ティア2のチームが強くなれば試合したくなるよ

  • デブをFWにするという悪習は辞めた方がいい。強いて体格で決めるならフロントローは高身長で足が短い奴、他のFWは低重心な奴(短足・低身長)に。デブは軽快に動けるようドンドン練習しろ!蹴れ走れそして笑え

  • 何が不公平か理解できんわ!弱いから相手にしてもらえない。4年前のスプリングボクス戦はたまたま。あんな試合100戦して1回あるかないか。それにしてもポストセブンとこのライター、ラグビー分かってるの?

  • 日本戦はないけど、ウォークライ観に花園行こうかな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ