ソフトバンクの森唯斗投手が26日のロッテ戦で「珍守」珍しい形での好プレーは9回に起きた

3行まとめ

  • 真っ直ぐをはじき返したロッテ清田の打球が、右腕の右足の足元を襲った
  • 森はこの打球に少しだけ足を浮かせると、足裏でボールを「トラップ」
  • 小さくバウンドしたボールを拾うと、そのまま一塁へと送球し、アウトにした

ソフトB森が“珍守” ピッチャー返しを足の裏で“ナイストラップ”!?

9月26日(火)21時12分 フルカウント

足裏で止めた後、ボールを拾って一塁へ送球ソフトバンクの森唯斗投手が“ナイストラップ”を見せた。26日のロッテ戦(ヤフオクD)。珍しい形での好プレーは9回に起きた。1点ビハインドの9回にマウンドに上がった森。大嶺翔、田村を連続中飛に打ち取り、2死とすると、サッカー選手のようなプレーは清田の打席で起きた…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 注意!右腕は「ミギウデ」ではなく、「ウワン」と読んでくださいね。左投手の事をサワンって言いますよね?その反対です。ウワン森投手の右足の足元にボールが行ったと言ってるだけですよ。

  • 「右腕の右足の足元を襲った」??3行まとめしっかりせぇ!要は足裏でトラップして跳ねたボールをキャッチしてアウトのしたということで良いか?多分偶然・咄嗟のことですごいとは思わないがなかなか面白い。

  • 森投手の事を「右腕」って言ってるのが分かんねぇの?

森唯斗をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ