本田 歴史的大敗は成長への一歩

本田圭佑「守備的に戦えば4-0や5-0は可能だった」。歴史的大敗は成長への一歩

10月12日(土)14時27分 フットボールチャンネル

カンボジア代表の実質的監督を務める本田圭佑は、イラン代表に「14-0」という歴史的大敗を喫したことは攻撃的姿勢で戦おうとした結果だと主張している。『Popular』などカンボジア複数メディアが伝えた。カンボジア代表は現地時間10日に行われたカタールワールドカップ・アジア2次予選の試合でイラン代表と対…

記事全文を読む

本田率いるカンボジア歴史的大敗 0−14も“強気”のツイッター「実は近道」

10月12日(土)5時48分 スポーツニッポン

◇W杯アジア2次予選C組カンボジア0−14イラン(2019年10月10日)W杯アジア2次予選が10日に各地で行われ、日本と同じF組のキルギスはホームでミャンマーに7—0と大勝。勝ち点を3としたキルギスは来月14日に日本と対戦する。C組で元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアは敵地でイ…

記事全文を読む

「本田圭佑」をもっと詳しく

「本田圭佑」のこれまでの出来事

「本田圭佑」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • つまり、負け犬の遠吠えということですな。

  • チームはともかくオマエに伸び代はねえな。

  • いえいえ、本田監督、それはあなたの采配が1番悪いと言う事ですよ、もう少し戦略を練り直した方が良いと思いますし、それでは他国はおろか、日本には勝てる事は100%無いと思いますよ。

  • 気長にやって頂戴な。

  • それは次の結果を出してから!今は負け犬の遠吠えにしか聞こえない。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ