「最大の衝撃」前田健太に驚愕

リリーバー前田健太は「今PSで最大の衝撃発見」地元紙が驚愕の活躍を特集

10月12日(木)11時55分 フルカウント

「先発としては用心深いが、リリーバーとしてはド派手」ポストシーズン(PS)で先発からリリーバーに配置転換とされたドジャース前田健太投手が、衝撃的な働きを見せ、周囲を驚愕の渦に巻き込んでいる。ダイヤモンドバックスとの地区シリーズでは、2試合で合計2イニングを投げ、4奪三振を含む無安打無失点の完璧救援。…

記事全文を読む

前田健太をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • プレーオフシリーズに進出している日本人投手3人共、チームの勝利に貢献しているのが何より嬉しい

  • 前田にとっては普通の事!それが驚愕なら大リーグはレベルの低いとしか言えない

  • 監督やコーチが優秀ということ。選手の状態を把握し、現在のベストパフォーマンスを見つけるのが仕事。日本にいたら前田自身先発にこだわっていただろう。納得させられるのもメジャーの強みかな。

  • TVを見ていて思ったが前田登板で野手が捕球に失敗するとチッチッと舌打ちするような苦い表情を時折見せた。非常に良くないと感じた。日本で甘やかされた彼の其の侭の姿だ。

  • 集中力が高まっているように見える。もう少しロングリリーフでもいけるかも。

  • 確かに前田にはGJ!と言いたい。乍併、投手の働きの半分は捕手の力だ。インサイドワークの良い捕手達に恵まれての活躍である事も忘れるべきでない。日本人なら、捕手達に感謝して、増長することなく謙虚であれ。

BIGLOBE
トップへ