トヨタ可夢偉組 WEC富士制覇

小林可夢偉擁する7号車トヨタが2018年WEC富士制覇。ポール剥奪、第3戦失格処分の流れ断ち切る

10月14日(日)17時10分 AUTOSPORT web

2018-19年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”第4戦は10月14日、富士スピードウェイで6時間の決勝レースが行われ、TOYOTAGAZOORacingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が優勝を飾った。14日(日)の11時、ウエッ…

記事全文を読む

6時間の耐久戦で勝負を決めた、可夢偉の一瞬の判断。「チームはインターと言ったけど、僕は『お願いだからスリック!』と」

10月14日(日)21時12分 AUTOSPORT web

小林可夢偉率いるトヨタ7号車TS050が見事、母国レースの2018年WEC世界耐久選手権富士6時間レースを制した。可夢偉にとってWECのスーパーシーズンで初めての勝利。WECの勝利も2016年の富士戦以来となる2年ぶりの勝利となった。チームメイトでありライバルでもある中嶋一貴組の8号車との戦いをレー…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 無料放送じゃなきゃマイナー競技で知られないままモータースポーツは消滅する

  • 将来は空飛ぶ“スーパーカー”でのレースが見られそうだな。

  • 今晩録画見るとするか!

  • 現地で観戦。やっぱスプリントレースより耐久のが面白いな

BIGLOBE
トップへ