佐々木への入札が4球団だった訳

ドラフト裏情報!怪物・佐々木への入札が4球団にとどまった理由とは

10月18日(金)18時0分 アサ芸Biz

令和初のプロ野球・ドラフト会議は、高校生が大量指名された。将来性、育成の重要さが改めて問われたが、その主役である最速163キロ右腕・佐々木朗希(大船渡)に入札したのは4球団だった。奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明大)、石川昂弥(東邦)など、他にも好選手が多かった。しかし佐々木は一時、史上初の12球団入…

記事全文を読む

「佐々木朗希」をもっと詳しく

「佐々木朗希」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 何球団に指名されようと、どうせ入るのは1球団だからね

  • 大会会場となった韓国と言えば、焼肉。他選手はキムチやカクテキで白飯を頬張っていましたが、佐々木は辛い物が苦手。←苦手じゃなく韓国料理が嫌いなんだろw

  • 確かに明るいとは言えない。線も細いしプロでどのくらい通用するか未知数。それなら奥川の方が期待できる。佑ちゃんの二の舞にならないと良いが…

  • ドラフトは嫌いです。奴隷の人身売買のようで選手が気の毒。希望する球団に直接売り込みができるようにしてほしい。球団も努力して魅力ある球団になれば選手から注目を浴びるはず。

  • 知ったかぶって何言ってんの?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ