日本の学校柔道28年で114人死亡

「28年間に中高生114人が死亡」日本の学校柔道で悲惨な事故がなくならない根本原因

10月27日(水)9時15分 プレジデント社

2004年、横浜市の中学3年生の男子生徒が、柔道部の練習中に意識不明の重体に陥った。顧問に何度も投げられ、絞め技をかけられたことが原因だった。男子生徒の母で「全国柔道事故被害者の会」前事務局長の小林恵子さんは「日本では中学校・高校の学校内における柔道事故で、28年間に114人も亡くなっている。一方、…

記事全文を読む

「死亡」をもっと詳しく

「死亡」のこれまでの出来事

「死亡」のニュース

BIGLOBE
トップへ