イングランド表彰式でメダル拒否

イングランド選手が表彰式で“メダル拒否”川淵三郎氏が苦言「黙っていられない」

11月2日(土)21時58分 スポーツニッポン

ラグビーワールドカップ(W杯)は2日、日産スタジアムで決勝戦が行われ、世界ランク1位のイングランドと2位の南アフリカが激突。南アフリカが32—12で勝って史上最多タイ3度目の優勝を決めた。日本代表が自国開催で史上初の8強入りを果たし、熱戦に次ぐ熱戦の連続だった今大会。だが、最後に物議を醸す可能性のあ…

記事全文を読む

「ラグビーW杯」をもっと詳しく

「ラグビーW杯」のこれまでの出来事

「ラグビーW杯」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 流石にこの行為は非難されるでしょう。相手が酷い反則を何回も仕掛けた・審判が偏ったジャッジをした、ならば分かるが、その様な事は無いみたいだったし。ラグビーのノーサイドの精神を思い出して欲しい。

  • 気持ちは分からないでは無いが。紳士淑女の国の代表として残念な行為だ。しっかり首に掛けて勝者を敬い、大会に観衆に応援してくれたTVの前の世界中の人に感謝を捧げて欲しい。エディ!君の役目だ。

  • ほんと無礼すぎるよな!勝てばいいっつてもんじゃないだろ

  • イングランドには、ノーサイドの精神が分かってないってことだな。だからEUから離脱などという愚かしい行為もできるんだろうな。中国の四千年の歴史と同じで、大英帝国の面影はどこへ忘れてきたんだろうね。

  • 南アフリカは  一試合 多くやっているのに この結果!! 実力ダ   あっぱれ!!!    

全件表示する

BIGLOBE
トップへ