南ア主将 少年時代は靴もなし

少年時代は靴もテレビもベッドもなし…南ア・コリシ主将、夢をかなえるW杯優勝

11月3日(日)0時8分 スポーツニッポン

◇ラグビーW杯2019決勝南アフリカ32—12イングランド(2019年11月2日日産ス)南アフリカが自国開催だった1995年、2007年に続き、12年ぶり3度目の優勝を果たした。ラグビー界の“夢物語”を完遂した同国代表初の黒人主将、シヤ・コリシ(28)は、表彰式では黄金のウェブ・エリス・カップを両手…

記事全文を読む

「ラグビーW杯」をもっと詳しく

「ラグビーW杯」のこれまでの出来事

「ラグビーW杯」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • スポーツにはハングリー精神が必要なんだね。ブラジルでも貧困を逃れる手段がサッカー選手で有名になることだったと発言する選手が多かった。

  •       ハングリー精神に叶うもの無し! 日本で靴の提供アピールしなさい必ず日本人は新品でなくても期待に応えてくれるはず! 靴屋さんお願いします?

  • 貧困だの何だの言っても日本人は恵まれてる。アフリカの貧困とはレベルが全く違う

  • 日本人の教養の無さにあきれるハングリーだからスポーツで成功すると?そうでは無い苦境にあっても支援、援助してくれる、する人が周りに居るからだ だから期待に応えようと頑張るんだ。快く思わない英国人も居るな

  • その話が本当なら、あんな巨体に成長するわけがないだろ貧困から脱出してトップに上り詰めた美談とは無縁だと思う

全件表示する

BIGLOBE
トップへ