横綱・稀勢の里の左上腕部「再悪化」が漏れ伝わってきた 今度こそ日本人横綱の意地を見せられるか

3行まとめ

  • ここにきて、稀勢の里が春場所で傷めた左上腕部の「再悪化」が漏れ伝わってきた
  • 元小結の三杉里は「勝負をかけるのは来年1月の初場所にすべきです」
  • 出場危機説も流れる中、今度こそ日本人横綱の意地を見せられるか

九州場所 四横綱が抱える「禁秘バクダン」(2)稀勢の里にまた休場の危機

11月11日(土)17時56分 アサ芸プラス

19年ぶりの日本人横綱として期待された稀勢の里(31)は、春場所こそケガを押して連続優勝を成し遂げたものの、その後は2場所連続で途中休場し、先場所は全休場となった。「ファンは今度出る時は優勝しないと満足しないでしょう。少なくとも、15日間務められる体に戻ったことを見せないと納得しない。稽古では休場明…

記事全文を読む

「大相撲」のこれまでの出来事

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 地元ですが、休場なら引退もやむなし

  • 日本人横綱が居ないので無理やり昇進させた結果です、今年か、来年早々引退は避けられません。

  • 九州場所で 土俵が荒れるんならいいけど、身体が荒れて動けないならどうにも、、場所の空席が目立つだろうな。

  • 横綱昇進までの一場所は良かったが昇進したら降格する事ないので精神力皆無!

  • 早々に発表するとチケットの売り上げにかかわるからね

全件表示する

大相撲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ