日大悪質タックル 不起訴へ

日大アメフト部の“危険タックル”問題 当時の監督とコーチ、選手の3人を不起訴処分へ

11月14日(木)19時40分 AbemaTIMES

日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル問題で、東京地検立川支部が当時の監督とコーチ、選手の3人を不起訴処分にする方針を固めたことが14日にわかった。日大アメフト部をめぐっては去年5月、東京・調布市で行われた試合中に、日大の宮川泰介選手が関西学院大学の選手に後ろからタックルしてけがをさせた。警…

記事全文を読む

「日本大学」をもっと詳しく

「日本大学」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 何も処分を受けなかった無責任の田中理事長の逃げ勝ち!最悪の結果。

  • 何故、何故、負傷してんだよ相手は、悪質タックルと言いながら不起訴とは善良一般人には理解不能!

  • ほとぼり冷めたころの判決、いつもの事!          

  • さすが無能の集団・・・東京地検・・・・

  • スポーツしながらの殺人は合法って事になるのかな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ