DeNAと巨人 助っ人陣で明暗

優勝争い左右も? 巨人とDeNA、あまりにも対照的な「外国人」事情

11月19日(火)18時1分 J-CASTニュース

プロ野球のDeNAは2019年11月18日、主力外国人4選手と来シーズンも契約を結ぶことを発表した。ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト内野手(30)、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)とそれぞれ契約が合意に達した。DeNAはすでに2人の新外国人選手を獲得して…

記事全文を読む

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のこれまでの出来事

「DeNA」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 大物を連れてきては日本野球に馴染めず肩を丸めて帰ってしまう選手ばかり取ってたくせに、ロペスみたいに珍しくアタリの外国人をせっかく雇ったのにそれを生かせなかった巨人軍。

  • 巨人は中古を拾い集めるのは得意技。そんなことばかりやっているから、生え抜きが育たない。

  • 若手育てながら使っていた結果です。その若手が期待に答え活躍するので若手が優先になった。実力社会ですし若手以上の魅力や成績のある助っ人なら喜んで使っていただろうさ。で?何か問題でも?J-casさん

  • 外国人が当たりまくったDeNA、ことごとく外れた巨人。それなのに優勝したのは巨人。ダメな外国人の代わりに若手が次々と出てきて活躍したから優勝できた。どちらが良いのかな?J-casさん

  • この記者さん、去年の今ごろはどんな分析していたんだろうか?来年のこと言うと鬼が笑うよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ