マラドーナ氏死去後の余波続く

マラドーナ氏死去後の余波続く…担当看護師の弁護士「あの主治医が関わっていなければ…」

12月1日(火)11時47分 サッカーキング

11月25日にブエノスアイレス郊外の自宅で心肺停止に陥って亡くなった、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏。主治医のレオポルド・ルケ氏が過失致死の疑いにより警察の捜査対象となるなど、レジェンドの死後も騒動が収まることはないが、同月30日にイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じたところによ…

記事全文を読む

「ディエゴ・マラドーナ」をもっと詳しく

「ディエゴ・マラドーナ」のニュース

BIGLOBE
トップへ