年俸大幅減でも選手にメリット?

プロ野球「減額制限」超える年俸ダウン、実はOK それでも「選手にメリットも」の理由

12月4日(水)18時35分 J-CASTニュース

プロ野球の契約更改が佳境に入ろうとしている。各球団それぞれ若手選手の契約更改を終え、主力選手の契約更改が始まった。この時期、契約更改の報道のなかでよく耳にするのが「減額制限」という言葉だ。野球協約上で定められている「減額制限」は選手にどのようなメリットをもたらすのか。なぜ必要なのか。J-CAST編集…

記事全文を読む

「プロ野球」をもっと詳しく

「プロ野球」のこれまでの出来事

「プロ野球」のニュース

みんなのコメント

  • 中島が二千万、松坂が三千万、ハンカチが千六百万・・・ 結果が全てのプロでも査定はドンブリ勘定なのねw 費用対効果が悪すぎて一般会社でこの費用を計上しても通らんで。

  • 死刑適用の公平性、というなら、斎藤の延命は過去の選手から見て不平等。とっくにお払い箱じゃないの。

  • 中島、来年はがんばれ!期待してる。君ならやれる!

  • バッハ会長のように有無を言わさず従え・ということか。    減額制限、飾りだな・・・。

  • カープの田中なんて、打てない守れないのに1億5千万以上ももらっている。恥ずかしくないのか。俺だったら進んで大幅に減額してもらう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ