ロシア3人娘に立ちはだかる壁

女子フィギュア「ロシア最強3人娘」に立ちはだかる「17歳の壁」とは

12月9日(月)18時0分 アサ芸Biz

フィギュアスケートのグランプリファイナル(イタリア・トリノ)で、ロシアの16歳・アリョーナ・コストルナヤが世界最高得点で優勝。2位には15歳のアンナ・シェルバコワ、3位に同じく15歳のアレクサンドラ・トルソワが入り、表彰台をロシア勢が独占。世代交代の波を見せつけた。日本の紀平梨花はフリーで果敢に4回…

記事全文を読む

「フィギュアスケート」をもっと詳しく

「フィギュアスケート」のこれまでの出来事

「フィギュアスケート」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ドーピングで出場停止ならいいとか、弱気な声にがっかりだ だが優勝のコストルナヤは4回転跳ばないプログラムで連勝、   3回転の高さ、正確さ、日本の選手にも出来ないわけない。     頑張れ日本!

  • でもサギトワが一番見ていて綺麗だった。

  • 羽生以上のジャンプを跳ぶんだから、すごい!

  • 身体が大人体型になる前のちび子にくるくる回る技術叩き込んで毎年毎年量産化して17、8歳で使い捨てでもどんどんチャンピョンは続く。ロシアの国策だろう。ドーピングにしろ国策。い

  • 2022北京冬季五輪、ロシア女子フィギュアは個人で出場。オリンピック旗が3本上がる異常な光景が見られるか。ドーピングやってたら目が回って回転なんか出来ないだろうに・・・。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ