安さの追求 西友の無造作な陳列

「美しく並べるよりも、効率的に並べる」 西友の無造作な陳列、理由は安さの追求

1月9日(木)18時33分 BIGLOBEニュース編集部

スーパーマーケットの西友(SEIYU)が安さを追求するために実施している商品陳列が注目を集めている。西友のカップラーメンやお菓子の売り場では、バスケットの中で商品が四方八方を向き、山のように積まれている。一見すると、無造作に投げ込んだようだが、前を向けて整然と並べてないのは安さのため。「あえてこのよ…

記事全文を読む

「西友」をもっと詳しく

「西友」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ホームセンターのカップ麺コーナーでも多々見られる現状。

  • 仕入れた段ボールから出さずに蓋だけ開けて販売が一番効率的。並べ方にケチ付けるのは老害だし貧乏人の無駄なプライドだけ。さっさと取ってさっさと帰る。それでいい。

  • 家の近所のスーパーは、商品を段ボールから出してすらいない。よっぽど効率的。

  • え、どこが無造作?カップラーメンは昔からそう。

  • 今、西友ってどこの傘下に入ってるの?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ