グループホームはどんな施設か

認知症になった人の選択肢、グループホームはどんな施設か

1月22日(水)7時0分 NEWSポストセブン

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)は、認知症の人が家庭的な環境と地域住民との交流のもと、生活支援や機能訓練などのサービスを受けながら、少人数で共同生活を営む住居。介護保険の地域密着型サービスの1つだ。認知症の親の生活の場を考える時、選択肢の1つとして覚えておきたい施設だ。グループホームの入居…

記事全文を読む

「認知症」をもっと詳しく

「認知症」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • こんな施設がいくらできても先立つもの(お金)がなければ何の意味もないし、強制的に控除されてる介護保険なんてくそ役にも立たない。

  • 親の為に市内GHを見て回った事があるが基本金が無いと入居費すら高くて入れず年金では月々の費用すらまかなえない。子供に余程稼ぎがあるか、いかに貯蓄が出来るかが境目。

  • 明日は我が身!?

  • 年をとっても年寄りばかりの中に入るのはイヤだ

  • そんなとこより、国立大(最近の国立大の生徒は綺麗な子が多い)のベンチにゆっくり座って鑑賞してますわ。そのほうがホルモンが沢山分泌されて老化を遅らせられそうな気が・・・

全件表示する

BIGLOBE
トップへ