明智光秀生誕の地めぐり論争勃発

明智光秀生誕の地めぐり論争が勃発 岐阜vs滋賀

1月26日(日)16時0分 NEWSポストセブン

NHK大河ドラマの内容が発表されると、物語に関わる地方では必ず、それにちなんだお祭り騒ぎが巻き起こる。明智光秀が主人公となっている『麒麟がくる』でも同様の賑わいをみせているが、いつもと違う議論も起きている。というのも、通説では「美濃(岐阜県)出身」とされてきた光秀だが、ここにきて“新生誕地”に名乗り…

記事全文を読む

「明智光秀」をもっと詳しく

「明智光秀」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 10年やそこらの視聴者と違って、数十年大河が見てれば、こうして観光目当ての騒ぎががもう下品で仕方がない。文献がないんだから答えはないでしょ?新資料を待つしかないよ。

  • 議員の立候補地よりましだろ議員はそこに住民として10年居住しないとそこから立候補できないくらいにしろよ。くだらない知事や議員へるぞ。 

  • 調べれば調べるほど何をした人なのかわからなくなる武将、それが明智光秀。

  • 小野小町だって、生誕地が複数あって、それぞれ自分が正しいと主張している。だから、無理して確定する必要があるのか?

  • もともとの自県の魅力をより一層発信した方が良いと思うよ。白川郷も琵琶湖もまだ行ってないから、いつか、どちらも行きたい!!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ