「がっかり」と言われ傷つく理由

桜田五輪相が口にした「がっかり」 糸井重里が「最悪の凶器」とバッサリ

2月14日(木)12時30分 J-CASTニュース

競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことを受け、桜田義孝・五輪相が2019年2月12日に記者団に発言した内容が多くの批判を呼んだ。翌2月13日午後の衆院予算委員会で発言について陳謝し、撤回している。特に問題視されたのは「日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている」という部分。この「がっか…

記事全文を読む

「糸井重里」をもっと詳しく

「糸井重里」のニュース

みんなのコメント

  • 発言の一部分だけを切り取って報道するマスコミと、それに乗っかって大臣を批判し選手の病気までをも政治利用する野党。選手の回復祈願より大臣への批判の方が重要な野党。

  • 不適切だしちっとは考えて喋れよとは思うが、辞任要求の口実に小躍りして食らいついてる野党議員の浅ましさの方が見苦しい。審議拒否と揚げ足取りしかできない連中に歳費を支給するのは無駄だ。

  • 発言を聞いたけど彼女に対する心配や気遣いは感じられた。ただ「がっかり」という言葉は大臣の語彙のなさを強調していて、それが批判を増長させていると思う。本当は「残念」だと思っていたんだろうな。

  • がっかりを聞いた時、この人は落胆してるんだろうなと思っただけで、こんな騒ぎになるとは思わなかった。俺ってとろい? 海外ではなんでこんなに騒ぐのと思ってないかな。がっかりという表現は海外に通じないでしょ

  • 国会内での言葉狩り尋問は止めてほしい。それを見ている方が悲しくなってくる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ