一流が選ぶ 文章を速く書く方法

文章を速く書くにはどうすべきか…三流はフリック入力、二流はブラインドタッチ、一流が選ぶ「意外な方法」

2月22日(木)13時15分 プレジデント社

仕事のできる人はビジネス文書を書くときにどんな工夫をしているのか。クロスリバー代表の越川慎司さんは「一流のビジネスマンは音声入力を利用している。調査によれば、平均的なサラリーマンの利用率が0.4%だったのに対し、人事評価トップ5%の社員は23.2%も利用していた。入力中には両手が空くため、同時にほか…

記事全文を読む

「文章」をもっと詳しく

「文章」のニュース

x
BIGLOBE
トップへ