通勤中事故 労災認められぬ盲点

通勤中の事故なのに労災扱いされない…まさかの盲点を弁護士が解説!

3月12日(火)10時26分 シェアしたくなる法律相談所

Businessmanheadacheandbandagefromworkinjuryatworkplace.insuranceconcept.会社員のSさんは自動車で通勤していたある日、地面が揺れるような目眩に襲われます。これは急いで帰らねばと思い、会社には休暇の連絡。なんとか自宅に帰ろうとします…

記事全文を読む

「通勤」をもっと詳しく

「通勤」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 休暇を取得したことにより,出勤途中ではなく,休暇状態になってしまい,通勤災害(労務災害)に該当しなくなったということです。可哀想ですが。

  • という事は、「体調不良を起こした」という事実は隠したほうがいいという事でしょうか??体調不良が、仕事の疲れやストレスが起因している場合は???疑問が多いですね。

  • 役に立たない弁護士だな。法律上だけでなく調停するのが仕事だろ。

  • そもそも自家用車出張(使用許可済み)でも直帰時の高速料金は出ない。なので俺は高速利用が必須の出張の場合はたとえ用務先出立が19時20時であっても帰庁してその証拠を残して帰る

  • 通勤中の事故は てめえの不注意でしょ そんなことまで労災認めていたらおかしくなるわ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ