半蔵門線の「ナゾの終着駅」

半蔵門線の“ナゾの終着駅”「南栗橋」には何がある? 『翔んで埼玉』どころか『翔んで茨城』?

3月18日(月)6時0分 文春オンライン

南栗橋という駅は、東京に暮らしている人にとってなかなかにナゾな駅である。どういうところがナゾなのかというと、目に触れる機会はかなり多いのに、近くに住んでいる人には申し訳ないが正体不明なのである。東急田園都市線・地下鉄半蔵門線から直通の南栗橋行、そして地下鉄日比谷線の南栗橋行もあるから、特に東急沿線の…

記事全文を読む

「半蔵門線」をもっと詳しく

「半蔵門線」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 金沢地裁の超糞判事、無罪にしたこの糞野郎がまた人を傷つけたらお前は世間に対してどういう償いをするのか。心神喪失だろうが酒に酔っていようがこの手の糞野郎はまた人を殺める。

  • 逆に東武側から見たら「中央林間ってどこだよ」ってなるぞ。

  • 関東人以外にはまったく分からない不要なローカルニュース

  • 小田急の緩行線を走る準急が千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵・狛江に止まるみたいに、東武も緩行線で急行停車駅の他に竹ノ塚と獨協大学前に止まる準急を新設してほしい。

  • 渋谷まで1時間半だなんてレジャーならまだしも通勤だと毎日のことだから、座れても苦痛でしかないな。通勤往復3時間は毎日小旅行している感じ。苦痛に耐えて通勤している人はやむにやまれぬ理由があるんだろうけど

BIGLOBE
トップへ