受給者が働くと年金は減る?

在職老齢年金を解説 - 受給者が働くと年金は減る?

3月23日(土)7時1分 マイナビニュース

「定年退職したら年金がもらえる」ということは、みなさんご存じでしょう。しかし最近ではシニア人材など「高齢になっても働く」ことが珍しくありません。そのとき、「収入に応じて年金受給額が減らされることがある」ことをご存じでしょうか。これを「在職老齢年金制度」といいます。今回はこの在職老齢年金について、詳し…

記事全文を読む

「老齢年金」をもっと詳しく

「老齢年金」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • それより生活保護費が減らされるからと積極的に働かない生保の方が問題だろ

  • 人出不足といいながら、年金減らして働かせない。外国人入れたいから?白タクも民泊もそう、ある派遣企業のお偉いさんが内閣参謀にいる限り日本は隣国の属国のなる。そうなると、もっと儲かるんだろうね

  • これから年金を受給する人達は、ボーットしてないで何時から幾ら受給できるか計算した方がいいですよ!100年もたない年金制度に期待しないほうが良いですよ、嘘つき政治家にはダマされないで下さいね!

  • 毎月掛け金をむしられて将来の受給の保証もない糞制度

  • 働くのは60歳までで十分。若い時は月平均残業200H、休出・徹夜の連続で働き続けた。子供も結婚して58歳で早期退職して貯金で暮らしてきた。今年65歳で年金も満額支給。80歳までは見えてきた。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ