発がん性指摘で揺れるコーヒー

「発がん性」指摘で揺れるコーヒー アクリルアミドは焙煎度を知るだけでも違う!

4月21日(土)15時49分 Techinsight

コーヒーの発がんリスクについて取り沙汰されるようになった近年、コーヒーを愛する人々からは「コーヒーって体に良いと言われてきたよね?」という疑問が相次いでいる。コーヒーをよく飲むと循環器疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病、前立腺がん、悪性黒色腫の発症リスクが低くなる、といった報道が記憶に新しいため…

記事全文を読む

「コーヒー」をもっと詳しく

「コーヒー」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • アクリルアミドなんか気にしてたらポテチは食えんよ。ポテチどころか焼いた物、揚げた物とかみんなアウトになる。過敏になり過ぎて別の病気になる。気にすんな

  • いずれ死ぬんだからバカみたいに何でもかんでも食の安全で叩いても意味がない。いっそ「生きていることは大変危険なことです。早く止めましょう。」とでも訴えた方が早いんじゃない?(呆)

  • 発癌性のない物質って有るの?(笑)いま食用に供されている全ての動植物・添加物について検証が済んでるの?(笑)例えば、喫煙と(大気=排ガスの)皇居周辺のランニング、どっちが肺に悪いかのレポートは?(笑

  • 濃い焙煎が危険ならエスプレッソやアイスコーヒーは全部だめになる。危険なのか危険でないのかはっきりしてくれ。

  • もう70だから良いよがんでなければ。コーヒー大好き女性も大好き。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ