「保育士は命かけて当然」に危惧

「世間が保育士を『盾』として扱うのはやめてほしい」 命がけで園児を守ることが当然になることを危惧する保育士の声

5月16日(木)19時23分 BIGLOBEニュース編集部

千葉県市原市の公園に乗用車が突っ込んだ事故で、保育士が園児をかばい足首の骨を折る重傷を負った。幼い子どもに被害が及ぶ事故が相次ぐ中、命をかけて園児を守ることが当然になることを危惧する現役の保育士だという人物の声が注目を集めている。市原市の事故を伝えるニュースには、「身を呈して園児を守ってくださった保…

記事全文を読む

「保育士」をもっと詳しく

「保育士」のこれまでの出来事

「保育士」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 仕事だから命を懸けろなんて言ってる奴は、まず自分が実践してから言えよ。こんな事してたら保育士居なくなるわ。

  • 子供をかばって怪我をしたのを当然だと思ってるヤツがいるとは思えないが、戦争やらないくていいのかなどとほざくアホウもいる昨今だから、どんなもんだろね。かばった保育士さんに敬意を表します。

  • 議員は公約時、「命懸けで取り組む」と言っても全く無責任の人が多い

  • ネットに左右される事が非常識。

  • 幼児のために保育士が死ぬのは違うと思う。守る行動をするのは当然だが、最優先は自分の命を守る事。特殊訓練を受けた米国海兵隊とは違う。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ