経産省若手による「日本なんとかしないとヤバい」的資料に注目集まる「恐ろしいことが書かれてる」

3行まとめ

  • 経済産業省の有志チームが、日本社会の課題についてまとめた資料の表現が話題に
  • 同資料では、日本の若者が感じている不安や社会制度の遅れなどについて指摘
  • この資料にネット上では「なんとかしないとヤバい感がすごい」と注目が集まる

経産省若手の提言「ヤバイ感がすごい」 「2度目の見逃し三振は許されない」

5月19日(金)20時42分 J-CASTニュース

「2度目の見逃し三振はもう許されない」。経済産業省の有志チームが、日本社会の課題について65枚のスライドにまとめた資料の表現が話題になっている。他にも「『昭和の人生すごろく』のコンプリート率は、既に大幅に下がっている」「子ども・若者の貧困を食い止め、連鎖を防ぐための政府の努力は十分か」など、従来の「…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。
PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ