簡素な葬儀が人気となる背景とは

「家族葬」と「一般葬」のコスト試算 香典ある一般葬が割安

5月27日(日)7時0分 NEWSポストセブン

簡素で格安な葬儀が人気となっている。参列者を集めないタイプの「家族葬」、葬式をせずダイレクトに火葬する「直葬」、そして墓を建てず遺骨を海に撒く「散骨」、遺骨を宅配便で寺院に送って供養してもらう「送骨」……では、簡素な葬儀が人気となっている背景とは?浄土宗僧侶でジャーナリストの鵜飼秀徳氏が分析する。*…

記事全文を読む

「葬儀」をもっと詳しく

「葬儀」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 香典で黒字になるほど多くの参列者が集まるような交友関係や社会的立場の高さがある人って、そこまで居るのか?

  • 頂いたら返さなくてはならないと考える。高齢だと長時間&距離の移動に、金銭だけでなく精神&身体にしんどい。

  • 香典の常識も地方によって随分違うよね、子供らも離れて暮らしているしわたし的にはお墓も葬儀もいらないと思ってます。

  • 会葬して香典を貰うと返しが大変なんだよね。会葬香典を辞退した質素な家族葬で十分だね。

  • 葬儀の平均費用150万?今年行った親の葬儀費用死化粧して50万弱だったが?ずいぶん豪華な葬儀を行うんだな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ