日本人の口内に潜む「時限爆弾」

昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

5月28日(月)7時0分 NEWSポストセブン

銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に…

記事全文を読む

「虫歯」をもっと詳しく

「虫歯」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 俺はもう還暦を過ぎたが、若い人たちにぜひ進めたいのは、歯間ブラシだ。ほんの少しの手間で、効果は大きいと思うよ。歯を大事にしたいなら、頑張ってみよう!

  • 歯医者さんは儲からない仕事の一つ。余計な治療もしたがる訳だ!

  • 昭和生まれの人間として最も後悔してる事の一つが、この銀歯だ。歯の予防知識や衛生観念が乏しい時代の事といえ、一生の付き合いになる大事な歯を歯科医の言いなりに次々と銀歯に変えられ、今治療すると莫大な費用が

  • 歯科治療で歯槽膿漏が蔓延している。冶具特に鑢類は使い回しだ、一々消毒していない。

  • 歯医者へ行っても悪くなるだけ、歯は無い方がよい、

全件表示する

BIGLOBE
トップへ