盗用で活動自粛の猫漫画家・うだま氏が復帰直後に新刊 被害受けた漫画家は謝罪ないと苦言

3行まとめ

  • 漫画家のうだま氏は、私屋カヲル氏の漫画を相当数盗用し執筆活動を自粛していた
  • うだま氏は5月17日に復帰を宣言、また6月には新刊を出版することがわかった
  • これを受け私屋氏は「謝罪はありません」と苦言、うだま氏に批判が殺到している

盗用で活動自粛の猫漫画家・うだま氏が復帰直後に新刊 被害受けた漫画家は謝罪ないと苦言

5月29日(月)14時38分 BIGLOBEニュース編集部

多岐にわたる著作権侵害が発覚し、活動を自粛をしていた猫漫画家・うだま氏が復帰し、6月にフォトエッセイを出版する。これに対して盗用被害を受けた漫画家は、謝罪がないまま出版準備を進めたと苦言を呈し、波紋が広がっている。うだま氏は、自粛前にはマイナビニュースで「1コマ漫画猫にありがちなこと」を連載し、Tw…

記事全文を読む

「盗用」をもっと詳しく

「盗用」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。
BIGLOBE
トップへ