相手を説得できる「話し方」とは

相手を説得できる「本当に論理的な話し方」とは

6月7日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

「気くばり」のある話し方とは、「自分が話したい話」ではなく、「相手が聞きたい話」にいかにもっていくかということです。新著『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を出版した安田正氏が、同書の中から、「あの人の話はわかりやすくていい」と相手が納得する、論理的な話し方の極意について解説します。論理に欠…

記事全文を読む

「文章」をもっと詳しく

「文章」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • そんなに理論が大事か? いくら立派な理論並べたところで平行線に終わることだってあるだろ

  • それ以前に今の若い人は日本語のボキャブラリーが少なすぎる。話しで表現しようとしても適切な言葉を知らないので内容が支離滅裂になっている子が多い。このままでは50年後には美しい日本語を話す人はいなくなる。

  • 「理論」じゃなくて「論理的」だと言ってるんだけど〜 業界人かっ!

  • 説得するために必要なことは心、思いやり、尊敬だよ。理論だけでは絶対無理。相手にとってプラスになることを心から誠実に伝える事が出来なければ説得はできない。

  • 安倍さんにそれを教えてやりなさい。国民は納得していないです。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ