加工食 1日1食以上で死亡率上昇

「超加工食」1日1食以上で死亡率62%上昇、スペインの研究より

7月10日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

ウルトラ・プロセスフード、つまり「超加工食」を1日4サービング(1日1〜2食程度)以上食べると、全死因の死亡率が62%上昇するようだ。超加工食とは五つ以上の防腐剤や着色料、乳化剤などを含む加工食品のこと。大量生産のスナック類やドーナツなど菓子類のほか、調理済みの肉や魚、ハムやソーセージ、インスタント…

記事全文を読む

「加工食品」をもっと詳しく

「加工食品」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 自炊する人でもかなり難しいんではないかな?

  • こういう実験って、本当にそれ以外の要素をほぼ同一にしているのか?加工食品を食べてろくに運動してないやつと食べないでちゃんと運動している奴とかだったらそりゃ差が出るだろ。それ以外に野菜を摂る量とか。

  • 現代ではある程度加工食品の摂取は止むを得んだろう、中朝製品口にしない事の方が現代には必要だ!

  • 研究者はいろいろいていい。だが取り上げるメディアは専門知識皆無のくせに珍しさ面白さの視点しかない。科学は仮説として何でも言っていいが、証明された事実かどうかが問題なのだよ、文系さん

  • タイトルと記事内容違うじゃん

全件表示する

BIGLOBE
トップへ